ソニープロテクノサポート株式会社SONY

オリジナルリース&レンタルプログラム

2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催を受け、4K/8Kの普及に向けたロードマップが総務省より示され、次世代放送の実現に向けた取組が官民一体となって進められています。そのような中、よりスムーズかつ柔軟な設備の移行(Migration)をサポートするリースプログラムがS.Broad ProgramとOpeliです。
1999年の導入以来、3,300台を超すご採用をいただいています。

S.Broad Program

一般的なファイナンスリースと異なり、ソニー放送機器・業務用機器に残価を設定することにより、メンテナンスを含みながら廉価なリース料と短期のリース期間の設定を可能としたオペレーティングリースです。メンテナンスも動産総合保険もすべてパッケージして、運用とコストの両面で安心してご利用いただけるAll-in-Oneリースプログラムです。

S.Broad Programについての詳細はこちらをご参照ください。

<主なメリット>
  • タイムリーな機器の更新が可能
  • 短期の機器ニーズを少ないコストでカバー可能
  • 保守コストの平準化(突発的な出費の回避)が可能
  • 現行会計基準(2008年4月適用開始)においても賃貸借処理が可能

S.BROAD Program(ノンフルペイアウト)オペレーティングリース/一般的なリース(フルペイアウト)ファイナンスリース

▲このページの先頭へ

Opeli

Opeli(オペリ)は中長期のご利用に適し、機器更新にも柔軟に対応することができるオリジナルリースプログラムです。

Opeliについての詳細はこちらをご参照ください。

  • リース期間は、4年・5年・6年※1 から選択いただけます。
  • リーススタート日より11カ月経過以降は一定条件※2 のもとでいつでも解約が可能です。
  • ※1 本プログラムは、メンテナンスサービスは含まれておりません。
    ※2 中途解約される場合、経過期間に応じて一定の解約金が発生します。

▲このページの先頭へ

▲このページの先頭へ

デジタルペーパーレンタル

業務オペレーションの場において浸透したICT化は、今や教育等様々な現場においても急速に進行しています。そのICTのメリットのひとつにペーパーレス化がありますが、そのペーパーレス化を大きく加速させ、利便性を高めると共にコスト削減を実現するデバイスとして、ソニーはデジタルペーパーをご用意いたしました。
デジタルペーパーは紙に代わる新しいデバイスとして期待されています。この時代の要請を踏まえ、最新のデジタルペーパーのご導入・ご活用をサポートするレンタルプログラムをご提供いたします。

■ ソニーデジタルペーパーレンタルプログラム

ソニーデジタルペーパーレンタルプログラムソニーデジタルペーパーレンタルプログラムは、デジタルペーパー端末本体のレンタルに、コールセンター、修理サービス、動産総合保険などをパッケージしたサービスです。

<レンタルの主な特長/メリット>
  • ご使用期間に応じて、選べるレンタル期間 :2年・3年・4年(1年毎の延長契約が可能)
  • 当初レンタル期間中は、中途解約が可能 (契約期間中もしくはご契約終了後にお買取りが可能)
  • コールセンターサポートをご用意
  • メーカー規定に基づく修理保証を契約期間中にわたり付帯(延長修理保証)
  • 落下による故障や盗難等には動産総合保険により対応
  • 代替機サービスをオプションにてご用意
  • レンタル料の全額損金処理、およびレンタル資産のオフバランス化が可能

▲このページの先頭へ

解約の際は経過期間に応じて一定の解約清算金が発生します。また延長契約期間中は中途解約することはできません。
  
当ページにてご紹介しているプログラムにおける会計、税務処理につきましては、お客様ご担当の公認会計士や税理士にご確認の上、ご対応くださいますようお願いいたします。
S.Broad Program、Opeli、ソニーデジタルペーパーレンタルプログラムは、ソニービジネスソリューション株式会社、ソニーマーケティング株式会社、SFIリーシング株式会社、ソニープロテクノサポート株式会社の業務提携でお届けしています。
S.Broad Program、Opeli、ソニーデジタルペーパーレンタルプログラムは、SFIリーシング株式会社とのご契約になります。
S.Broad Programは、SFIリーシング株式会社の登録商標です。Opeliは、SFIリーシング株式会社の商標です。